Windows 10:2019年9月の更新の第2バッチが利用可能

Microsoftは、2019年9月24日に、同社のWindowsオペレーティングシステムのサポートされているほとんどのバージョンの2番目の更新プログラムをリリースしました。 今月上旬



累積的な更新は、Windows 10バージョン1607、1703、1709、1803および1809で利用できます。 Windows 10バージョン1903の更新はまだリリースされていません。リリース前に追加のテストが行​​われるため、通常は1週間以上かかります。

更新プログラムは、Windows Updateから直接入手できますが、WSUS(Windows Server Update Services)から直接ダウンロードすることはできません。

windows10 updates september 2019



すべてのアップデートには、 最近リリースされたInternet Explorerのセキュリティパッチ これにより、積極的に悪用されたWebブラウザーのセキュリティ問題が修正されます。

一部のデフォルトは変更されます:

Windows 10バージョン1607から1803:

  • 新しい暗号化タスクのために、デフォルトの暗号化設定をハードウェア暗号化からソフトウェア暗号化に変更しました。



Windows 10バージョン1809:

  • 既定でAzure Active Directory(Azure AD)ライセンスモードでWindows 10 Enterprise for Virtual Desktops(EVD)エディションを構成します。

Windows 10バージョン1607およびWindows Server 2016

変更:

  • リモートデスクトッププロトコルセッションで黒い画面が表示される問題を修正しました。
  • パーソナライズされたデバイスでファイルエクスプローラーが機能しなくなる問題を修正しました。
  • ビルトインされていないアカウントで少なくとも1つのサービスが操作されている場合にログオンが遅れる問題を修正しました。
  • WebブラウザーがWindows Serverに安全に接続できない問題を修正しました。
  • cnameが事前認証リクエストの一部である場合に証明書ベースの認証が失敗する原因となっていた認証の問題を修正しました。
  • Windowsサーバーへの安全な接続のためにSHA-1を選択した問題を修正しました。
  • エラー0xc0000005をスローするLSASS(ローカルセキュリティ機関サブシステムサービス)の問題を修正しました。
  • lsass.exeが機能しなくなり、システムがシャットダウンする問題を修正しました。
  • LdapPermissiveModifyリクエストで、Successが返されてもActive Directoryグループメンバーシップを変更できない問題を修正しました。
  • フォルダーリダイレクト構成への%HOMESHARE%パスの変更が正しく適用されない問題を修正しました。
  • 動作を停止させ、データ損失につながる可能性があるファイルサーバーの問題を修正しました。
  • Internet Explorer Originリクエストヘッダーの問題を修正しました。
  • Azure Virtual Filtering Platform(VFP)ドライバーのインストールの失敗につながるnetcfgの問題を修正しました。
  • Hyper-VおよびHyper-Vホスト接続の問題を修正しました。



既知の問題点:

  • クラスタサービスは、エラー「2245(NERR_PasswordTooShort)」で開始できない場合があります。
  • クラスターの共有ボリュームで特定の操作が失敗することがあります。

回避策があります。



Windows 10バージョン1703

変更:

  • 「特定の内部Webサイトを閲覧するときに発生する」Microsoft Edgeの名前のない問題を修正しました。
  • WebブラウザーがWindows Serverに安全に接続できない問題を修正しました。
  • エラー0xc0000005をスローするLSASS(ローカルセキュリティ機関サブシステムサービス)の問題を修正しました。
  • lsass.exeが機能しなくなり、システムがシャットダウンする問題を修正しました。
  • Internet Explorer Originリクエストヘッダーの問題を修正しました。
  • 更新をインストールし、復元ポイントからシステムの復元を初期化するときにSTOPエラー '0xc000021a'が発生するWindows Updateの問題を修正しました。

既知の問題点:

  • クラスターの共有ボリュームで特定の操作が失敗することがあります。

回避策があります。

Windows 10バージョン1709

変更:

  • ユーザーがアプリケーションを切り替えたとき、またはタスクバーにカーソルを合わせたときにCPU使用率が高くなる問題を修正しました。
  • アプリケーションが開かないApp-Vの問題を修正しました。
  • WebブラウザーがWindows Serverに安全に接続できない問題を修正しました。
  • ユーザーに1つではなく2つの認証証明書を提供するWindows Hello for Businessの問題を修正しました。
  • 「起こり得る」Microsoft Defender Advanced Threat Protectionの互換性の問題を修正しました。
  • mssecflt.sysがカーネルスタックでスペースを取りすぎたときに発生するまれな問題を修正しました。エラー「STOP 0x7F:UNEXPECTED_KERNEL_MODE_TRAP」が発生しました。
  • Microsoft Defender Advanced Threat Protectionのメモリ消費の問題を修正しました。
  • エラー0xc0000005をスローするLSASS(ローカルセキュリティ機関サブシステムサービス)の問題を修正しました。
  • lsass.exeが機能しなくなり、システムがシャットダウンする問題を修正しました。
  • Microsoft Defender ATP脅威および脆弱性管理の精度の向上。
  • 更新をインストールし、復元ポイントからシステムの復元を初期化するときにSTOPエラー '0xc000021a'が発生するWindows Updateの問題を修正しました。
  • Internet Explorer Originリクエストヘッダーの問題を修正しました。

既知の問題点:

  • クラスターの共有ボリュームで特定の操作が失敗することがあります。
  • 特定のIMEのCPU使用率が高いか、応答しなくなる可能性があります。

回避策があります。

Windows 10バージョン1803

変更:

  • 「ブラウザが特定のアーキテクチャで動作しなくなる」原因となった名前のない問題を修正しました。
  • 標準ユーザーアカウントのUAC設定が無効になっているときにMicrosoftナレーターが開かない問題を修正しました。
  • タッチを使用してテキスト入力要素を選択するときにカーソルが表示されない問題を修正しました。
  • グループポリシーのロック画面の画像のカスタマイズの問題を修正しました。
  • ユーザーがアプリケーションを切り替えたとき、またはタスクバーにカーソルを合わせたときにCPU使用率が高くなる問題を修正しました。
  • アプリケーションが開かないApp-Vの問題を修正しました。
  • 新しいバージョンのWindows 10にアップグレードした後、アクセス制御ポリシーの一部の変更が保持されない問題を修正しました。
  • cnameが事前認証リクエストの一部である場合に証明書ベースの認証が失敗する原因となっていた認証の問題を修正しました。
  • WebブラウザーがWindows Serverに安全に接続できない問題を修正しました。
  • エラー0xc0000005をスローするLSASS(ローカルセキュリティ機関サブシステムサービス)の問題を修正しました。
  • BitLocker回復キーがAzure Active Directoryにバックアップされない問題を修正しました。
  • 「起こり得る」Microsoft Defender Advanced Threat Protectionの互換性の問題を修正しました。
  • mssecflt.sysがカーネルスタックでスペースを取りすぎたときに発生するまれな問題を修正しました。エラー「STOP 0x7F:UNEXPECTED_KERNEL_MODE_TRAP」が発生しました。
  • Microsoft Defender Advanced Threat Protectionのメモリ消費の問題を修正しました。
  • Microsoft Defender ATP脅威および脆弱性管理の精度の向上。
  • ユーザーに1つではなく2つの認証証明書を提供するWindows Hello for Businessの問題を修正しました。
  • lsass.exeが機能しなくなり、システムがシャットダウンする問題を修正しました。
  • 「ユーザーが特権ユーザーから非特権ユーザーに切り替えた」ときにリムーバブルUSBディスクへの書き込みアクセス権を与える可能性があった問題を修正しました。
  • ドメインコントローラーのパフォーマンスモニターからActive Directory診断データコレクターセットを実行できない問題を修正しました。
  • GetFinalPathNameByHandleW()で、IE 11でお気に入りを開けない問題を修正しました。
  • Internet Explorer Originリクエストヘッダーの問題を修正しました。
  • セキュリティ監視およびインシデント対応活動のためにモバイルデバイス管理(MDM)によって管理されるクライアントのセキュリティイベントの監査を許可します。

既知の問題点:

  • クラスターの共有ボリュームで特定の操作が失敗することがあります。
  • 特定のIMEのCPU使用率が高いか、応答しなくなる可能性があります。
  • アップデートのインストール後の最初の起動時に黒い画面の問題。
  • Windows Mixed Reality Portalユーザーは、エラーコード「15-5」を受け取る場合があります。

回避策があります。

Windows 10バージョン1809

変更:

  • ユーザーに関連付けられたリモートシステムの検出を妨げていた問題を修正しました。
  • 標準ユーザーアカウントのUAC設定が無効になっているときにMicrosoftナレーターが開かない問題を修正しました。
  • Microsoft EdgeのPDF印刷の問題を修正し、横向きおよび縦向きのページを含むドキュメントが正しく印刷されるようにしました。
  • スリープまたはハイバネーション後にユーザーがディスプレイの明るさを変更できない問題を修正しました。
  • アプリケーションの動作を停止させるMSCTF.dllの問題を修正しました。
  • カスタムシェルを備えたシステムで特定の最小化されたウィンドウとの相互作用を妨げていた問題を修正しました。
  • タッチを使用してテキスト入力要素を選択するときにカーソルが表示されない問題を修正しました。
  • メッセージボックスのアイコンが大きく表示される問題を修正しました。
  • ハイコントラストモードがオンに設定されているデバイスのMicrosoft Officeで保存および名前を付けて保存が機能しない問題を修正しました。
  • ファイルエクスプローラーが長いパスを使用した場合にファイルとフォルダーのサイズが誤って報告される問題を修正しました。
  • サーバーで不要な再起動要求が発生する問題を修正しました。
  • Windows Out of Box Experience中の診断データ処理の問題を修正しました。
  • アプリケーションが開かないApp-Vの問題を修正しました。
  • WebブラウザーがWindows Serverに安全に接続できない問題を修正しました。
  • エラー0xc0000005をスローするLSASS(ローカルセキュリティ機関サブシステムサービス)の問題を修正しました。
  • BitLocker回復キーがAzure Active Directoryにバックアップされない問題を修正しました。
  • Microsoft Defender Advanced Threat Protectionのメモリ消費の問題を修正しました。
  • 「起こり得る」Microsoft Defender Advanced Threat Protectionの互換性の問題を修正しました。
  • mssecflt.sysがカーネルスタックでスペースを取りすぎたときに発生するまれな問題を修正しました。エラー「STOP 0x7F:UNEXPECTED_KERNEL_MODE_TRAP」が発生しました。
  • Microsoft Defender ATP脅威および脆弱性管理の精度の向上。
  • ユーザーに1つではなく2つの認証証明書を提供するWindows Hello for Businessの問題を修正しました。
  • lsass.exeが機能しなくなり、システムがシャットダウンする問題を修正しました。
  • Direct Accessサーバーで大量の非ページプールメモリが使用される問題を修正しました。
  • 印刷時に縦フォントが大きくなるPostScriptプリンターの問題を修正しました。
  • デバイスマネージャーの[デバイスの無効化]を使用してドライバーをアンロードすると、Windowsがシャットダウン通知をNon-Volatile Memory Express(NVMe)ドライブに送信できない問題を解決しました。
  • ドメインコントローラーのパフォーマンスモニターからActive Directory診断データコレクターセットを実行できない問題を修正しました。
  • GetFinalPathNameByHandleW()で、IE 11でお気に入りを開けない問題を修正しました。
  • slmgr / dlvを使用しているときにWindows Server 2019の誤った製品の説明を返す問題を修正しました。
  • cnameが事前認証リクエストの一部である場合に証明書ベースの認証が失敗する原因となっていた認証の問題を修正しました。
  • ドメインコントローラーロケータースタイルのLDAPリクエストのライトウェイトディレクトリアクセスプロトコル(LDAP)ランタイムの問題に対処
  • Windows Server 2019ドメインコントローラーでLDAP_MATCHING_RULE_IN_CHAIN(memberof:1.2.840.113556.1.4.1941)を含むLDAPクエリが断続的に失敗する原因となる問題に対処しました。
  • Active Directoryグループのグループメンバーシップの変更が失敗する問題を修正しました。
  • Set-AdfsSslCertificateスクリプトは成功したが例外をスローする問題を修正しました。
  • オフラインとしてマークされたファイルのファイルエクスプローラー表示の問題を修正しました。
  • コンバーターを選択すると、電卓アプリが終了するエラーを修正しました。
  • ユーザーがアプリケーションを切り替えたとき、またはタスクバーにカーソルを合わせたときにCPU使用率が高くなる問題を修正しました。
  • NetQueryDisplayInformation APIまたは同等のWinNTプロバイダーを呼び出すアプリケーションとスクリプトの問題に対処しました。
  • Internet Explorer Originリクエストヘッダーの問題を修正しました。
  • アウトオブボックスエクスペリエンスの完了後またはスリープからの復帰後に、ディスプレイの輝度が50%以下に表示される問題を修正しました。
  • セキュリティ監視およびインシデント対応活動のためにモバイルデバイス管理(MDM)によって管理されるクライアントのセキュリティイベントの監査を許可します。
  • 「CreateProcess APIのパラメーター」を不適切に処理するMicrosoft App-Vの問題を修正しました。
  • クライアント側のキャッシュが有効になっているネットワークドライブからファイルを開くとデバイスが動作しなくなる問題を解決

既知の問題点:

  • Windows 10バージョン1803と同じ
  • 「一部のアジア言語パックがインストールされている」デバイスは、エラー「0x800f0982-PSFX_E_MATCHING_COMPONENT_NOT_FOUND」をスローする場合があります。

回避策があります。