WMP 11でフォルダーが監視されないようにする

Windows Media Player 11は、マイドキュメントフォルダー構造内のいくつかのフォルダーを常に監視して、メディアの変更を確認します。メインメディアプレーヤーとしてWMP 11を使用しない場合、この監視によって発生するリソースを浪費している可能性があります。デフォルトでは、マイミュージック、マイピクチャ、マイビデオの各フォルダが監視され、新しいファイルがWindows Media Player 11ライブラリに自動的に追加されます。



Windows Media Playerのセクションにリストされているほとんどのフォルダーに対して、フォルダー監視を無効にすることができます。フォルダーモニタリングを削除するには、Windows Media Playerのタイトルバーを右クリックして、メニューから[ツール]> [オプション]を選択します。メニューが表示されない場合は、最初にAltキーを押して元に戻します。 [ライブラリ]タブをクリックし、[フォルダの監視]ボタンをクリックします。

監視されるフォルダーは、個人用フォルダーまたは個人用フォルダーのいずれかと、アクセス可能なフォルダーです。それらの1つだけがアクティブであり、削除して無視する必要があります。デフォルトのフォルダーはまったく削除できず、Ripフォルダーは削除または無視できません。

monitor folders windows media player



自動的に追加されたものとして示されているデフォルトのフォルダーはすべて無視に変更できます。つまり、これらのフォルダーは監視されなくなります。可能なすべてのフォルダーを[無視]に変更し、[OK]をクリックして変更を加えます。

更新 :Windows Media Playerの新しいバージョンでは、プログラムのオプションの[ライブラリ]の下に[フォルダの監視]ボタンが表示されなくなりました。これは、監視が行われていないためか、Microsoftが防止するオプションを削除したためか、わかりません。その監視はシステムで無効になります。

アップデート2 :まだそこにありますが、新しいバージョンのWindows Media Playerでは別の方法でアクセスします。新しいメディアについて自動的に監視されるフォルダーを無効にするか変更する場合は、新しいWMPバージョンで次のことを行う必要があります。

  1. Windows Media Playerを開きます。
  2. サイドバーの左側に、音楽、ビデオ、画像などのさまざまなメディアタイプが表示されます。
  3. アイテムの1つを右クリックして、ライブラリの管理オプションを選択します。
  4. ここには、現在監視されているすべてのフォルダとデフォルトの保存場所が一覧表示されます。
  5. 追加ボタンを使用して新しいディレクトリをリストに追加するか、既存のフォルダーを選択して、後で[削除]をクリックして削除します。



video library locations

すべての異なるメディアタイプに対してプロセスを繰り返します。フォルダーを監視したくない場合は、さまざまなライブラリ収集ダイアログからフォルダーをすべて削除してください。残念ながら、これは各メディアタイプに対して個別に行う必要があります。