新しいOffice 2019がここにあり、Windows 10専用です(Windowsの場合)

マイクロソフト 発表した 同社のOfficeスイートであるMicrosoft Office 2019の新しいバージョンを今日。新しいOffice 2019は、Windows 10(およびWindows Serverの最新のLTSC)とApple Mac OS X(Microsoftによる最新バージョン)に対してのみリリースされます。



商用ボリュームライセンスのお客様は本日からOffice 2019にアクセスできますが、他のすべてのお客様(ホームユーザーおよび企業)は、「今後数週間」で新しいバージョンのOfficeを購入してインストールできます。

Office 2019は、Officeスイートの新しいオンプレミスバージョンであり、Word、Excel、Outlook、PowerPoint、Publisher、Visio、Access、およびProject(最後の4つはWindowsでのみ利用可能)へのアップデートが含まれています。

Office Server製品、Exchange Server 2019、Skype for Business Server 2019、SharePoint Server 2019、およびProject Server 2019も数週間以内にリリースされます。

Office 2019とOffice 2016の比較



以前のOffice 2016と比較したOffice 2019の重要な変更点のリストを以下に示します。

  • Word 2019 :黒のテーマ、学習ツール、テキスト読み上げ機能、改善されたインクのサポート、アクセシビリティの改善。
  • エクセル2019 :ファンネルチャート、2Dマップ、タイムライン、新しいExcel関数とコネクタ、ExcelをPowerBI、PowerPivotおよびPowerQueryの拡張機能に公開します。
  • PowerPoint 2019: モーフ遷移機能、プレゼンテーション内のスライドを注文するズーム機能、アイコンの挿入と管理、SVGおよび3Dモデル、改良されたローミング鉛筆ケース。
  • 2019年の見通し :Office 365グループのサポート(Exchangeオンラインアカウントを使用)、集中受信トレイ、旅行および配達の概要カード、更新された連絡先カード、@メンション。

Office 365の機能がありません

次の機能はOffice 365でサポートされていますが、Office 2019には含まれていません。

  • Wordの編集者および研究者。
  • Word、PowerPoint、およびOutlookをタップします。
  • PowerPointのデザイナー。
  • Excelのアイデアとデータ型。
  • Word、Excel、PowerPoint、@メンションでのリアルタイムコラボレーション。
  • Office 365メッセージ暗号化。
  • Word、Excel、PowerPoint、OneDrive for BusinessのATP
  • Office Enterprise Protection。
  • Word、Excel、PowerPoint、およびOutlookでの機密ラベルのサポート。
  • 共有コンピューターのライセンス
  • 含まれる言語パック
  • FastTrackオプション
  • Intuneの統合

Office 2019について知っておくべきこと

office 2019



1.別のオンプレミスバージョンのOfficeがあります

Microsoftは本日、Office 2019がOfficeの最後のオンプレミスバージョンではないことを明らかにしました。これは、同社がクラウドベースではないOfficeの別のバージョンをリリースすることを意味します。

2. MSIインストーラーはありません



マイクロソフトはOffice 2013でクイック実行インストーラーを導入しています。ユーザーと管理者は、クイック実行インストーラーまたはMSIインストーラーを使用してOffice 2013および2016をインストールできます。

Office 2019では、オンプレミスバージョンのOfficeをC2Rに移行して、コストを削減し、セキュリティを向上させています。 C2Rの利点には、予測可能な毎月のセキュリティ更新、インストール時の最新のアプリ、Windows 10ダウンロード最適化テクノロジーによるネットワーク消費の削減、Office 365 ProPlusへの簡単なアップグレードパスが含まれます。



Office 2019は、クリックして実行するインストールのみをサポートしています。管理者とユーザーが直面する可能性がある主な問題の1つは、クリック実行インストーラーがインストール中にすべてのOfficeアプリをインストールすることです。すべて使用する予定であれば問題ありませんが、一部のアプリが不要な場合はどうでしょうか。

ソリューションは、 オフィス展開ツール マイクロソフトのWebサイトからダウンロードできます。これは、Microsoft Officeのクイック実行バージョンを展開するためのコマンドラインツールです。

3.一括払い、定期購入なし、機能の更新なし

Office 2019は一括払いでご利用いただけます。つまり、サブスクリプションはありません。これの欠点は、マイクロソフトがセキュリティと品質の更新に更新を制限することを決定したことです。

同社は、Office 2019のリリース後に新機能を提供しないと述べています。

Office 2019は、以前のメジャーバージョンと同様に永久ライセンス製品です。定期的なセキュリティアップデートが提供されますが、リリース後の新機能はありません。

これは、Office 365 ProPlusやその他のサブスクリプションベースの製品とは異なります。

4.古いバージョンのOfficeのサポートは継続します

以前にサポートされていたバージョンのOfficeを新しいOffice 2019にアップグレードする必要はありません。Office2013および2016は引き続きサポートされます。

5. Office 2019では、使用時にインターネットアクセスは必要ありません

Office 2019は、インストール時にアクティブなインターネット接続、またはインターネットをまったく必要としません。製品はシステムに完全にインストールされており、アクティブなインターネット接続がなくても使用できます。

更新はインターネットで入手できますが、「切断されたネットワークのオンプレミスでホストする」ことができます。

6. Office 2019は7年間サポートされています

マイクロソフトは、Office 2019には5年間のメインストリームサポートと2年間の延長サポートが含まれていることを明らかにしました。同社は、これは10年の固定ライフタイムポリシー期間の例外であり、7年間のサポートにより、Office 2016の延長サポートの終了と一致することを指摘しています。

7. Office 2019とOffice 2016を隣接して実行することはできません

Office 2016とOffice 2019を同じオペレーティングシステムで同時に実行することはできません。

リソースリンク