OutlookデータファイルPSTおよびOSTについて知りたいことすべて

Microsoft Outlookは、かなり有名で頻繁に使用される電子メールクライアントです。メール管理に加えて他の多くのツールが含まれているため、実際には生産性スイートです。 Outlookは、電子メールクライアントで構成されているアカウントの種類に応じて、データと情報をさまざまなファイルやフォルダーに保存します。保存されるデータには、電子メール、カレンダー、連絡先、タスク、名簿、署名、文房具、テンプレート、辞書などが含まれます。



たとえば、OutlookでIMAPアカウントを構成すると、データを保存するためのOSTファイルが作成されます。また、POP3アカウントを構成すると、Outlookはデフォルトの場所にデータを保存するためのPSTファイルを作成します。各ファイル形式には、長所と短所があります。この記事では、各Outlookデータファイル、その場所、および別の場所に移動する方法について説明します。

この記事に記載されている事実と数値は、Outlook 365、Outlook 2019、Outlook 2016などの最近のバージョンのOutlookでもほぼ同じです。場所やその他の情報は、Outlook 2013、Outlook2010などの古いバージョンでは若干異なる場合があります。 クイックサマリー 隠れる 1 個人用ストレージテーブルファイル(PST) 1.1 PSTのデフォルトの場所 1.2 PSTファイルのサイズ制限 1.3 アーカイブ 1.4 新しいPSTファイルを作成する 2 オフラインストレージテーブルファイル(OST) 2.1 OSTファイルのデフォルトの場所 3 その他のOutlookデータファイル

個人用ストレージテーブルファイル(PST)

個人用ストレージテーブルまたはPSTは、Outlookのプライマリデータベースファイルです。 PSTファイルには、電子メール、フォルダー、カレンダー、連絡先、タスク、メモなどの情報が格納されます。PSTファイルのデータは暗号化および圧縮できます。



ユーザーは、Outlookで複数のPSTファイルを作成し、電子メールや連絡先などのアイテムを2つ以上のPSTファイル間で移動できます。

PSTのデフォルトの場所

PSTファイルのデフォルトの場所は次のとおりです。

C: Users ユーザー名 Documents Outlook Files filename.pst



ユーザー名という単語を、コンピューターの実際のユーザー名に置き換えます。最新バージョンのWindows10を使用している場合は、次のコマンドを使用してこの場所に直接移動できます。

に移動 実行–>ドキュメント Outlookファイル

PSTファイルのサイズ制限

Outlook 365、Outlook 2019、またはOutlook 2016を使用している場合、PSTファイルは最大50GBまで大きくなる可能性があります。その後、Outlookはエラーや警告を表示しません。新しいアイテムの受け入れを停止します。したがって、PSTファイルからいくつかのアイテムをアーカイブして50GB未満に保つ必要があります。



ファイルのサイズが大きくなると、PSTデータベースのパフォーマンスが低下します。そのため、PSTファイルをできるだけ低く、場合によっては20GB未満に保つことをお勧めします。 PSTファイルを推奨制限以下に保つことで、ユーザーはデータベースファイルを簡単にバックアップでき、エラーチェックとDBの修復にかかる時間を短縮することもできます。

PSTファイルの現在のサイズを確認するには、次の手順に従います。

  1. Outlookを開き、[ファイル] –> [情報] –> [アカウント設定] –> [アカウント設定]に移動します



    アカウント設定

    アカウント設定

  2. [データファイル]タブで、リストからPSTファイルを選択し、[ファイルの場所を開く]ボタンを押します。

    Outlookデータファイルを開く

    Outlookデータファイルを開く

  3. これにより、PSTファイルが配置されているフォルダーが開きます。ファイルを右クリックして[プロパティ]に移動すると、PSTファイルのサイズを確認できます。

    PSTファイルのサイズ

    PSTファイルのサイズ

アーカイブ

PSTファイルのサイズを小さくするために、OutlookにはPSTファイルからアーカイブストレージにアイテムをアーカイブするオプションがあります。アーカイブは、ローカルコンピューターにある別のPSTデータベースファイルです。アーカイブ設定を変更するには、[ファイル]メニュー–> [オプション] –> [詳細] –> [自動アーカイブ設定]に移動します。 新しいPSTファイルを作成します

Outlookの自動アーカイブ設定

新しいPSTファイルを作成する

PSTファイルはいくつでも作成できます。以下の手順に従って、新しいPSTファイルを作成します。

  1. Outlookを開き、[ファイル] –> [情報] –> [アカウント設定] –> [アカウント設定]に移動します。
  2. [データファイル]タブに移動し、[追加]ボタンを押します。
  3. 新しいPSTファイルを作成する場所を参照し、[OK]を押します。オプションで、PSTファイルをパスワードで保護することもできます。

    新しいPSTファイルを作成します

オフラインストレージテーブルファイル(OST)

オフラインストレージテーブルまたはOSTファイルはPSTのようなOutlookデータベースファイルですが、通常はIMAPまたはMicrosoft Exchangeアカウント(MAPIを使用)に使用されます。 OSTデータベースには50GBのファイルサイズ制限があり、他のすべての特性はPSTファイルと同じです。

唯一の違いは、OSTファイルが電子メールサーバーからローカルコンピューターへのすべてのデータのキャッシュに使用されることです。 OSTファイルが破損した場合、ユーザーはファイルを簡単に削除でき、Outlookはサーバーからすべてのアイテムを自動的に再度ダウンロードします。

OSTファイルのデフォルトの場所

OSTファイルのデフォルトの場所は次のとおりです。

C: Users ユーザー名 AppData Local Microsoft Outlook

ユーザー名という単語を、コンピューターの実際のユーザー名に置き換えます。最新バージョンのWindows10を使用している場合は、次のコマンドを使用してこの場所に直接移動できます。

に移動 実行->%localappdata% microsoft outlook

その他のOutlookデータファイル

Outlookは、さまざまな種類のデータを格納するためにさまざまな種類のファイルを使用します。メールや連絡先などの最も重要なデータはPSTファイルとOSTファイルに保存されますが、署名や個人の名簿などの他のものをバックアップする場合は、その特定のファイルをバックアップする必要があります。 Outlookに関連するファイルのリストは次のとおりです。

Outlookプロファイル設定(XML)

C: Users ユーザー名 AppData Roaming Microsoft Outlook Outlook.xml

個人名簿(PAB)

C: Users ユーザー名 AppData Local Microsoft Outlook

署名(RTF、TXT、HTM)

C: Users ユーザー名 AppData Roaming Microsoft Signatures

文房具(HTM)

C: Program Files Common Files Microsoft Shared Stationery

辞書(DIC)

C: Users ユーザー名 AppData Roaming Microsoft UProof

テンプレート(OFT)

C: Users ユーザー名 AppData Roaming Microsoft Templates

配信設定(SRS)

C: Users ユーザー名 AppData Roaming Microsoft Outlook

何をバックアップするかを正確に知っているので、これがOutlookの設定のバックアップに役立つことを願っています。私が何かを逃したならば、下のコメントで私に知らせてください。