Windows10の再起動/シャットダウン時に保留中の更新を無効にするかバイパスする

WindowsUpdateはかなり奇妙になりました。 Microsoftは、Windows10のユーザーからWindowsUpdateを構成するための多くのオプションを採用しています。たとえば、現在、更新を無効にするオプションはありません。現在、アップデートのインストールは必須です。ユーザーは更新を一時的に一時停止できます。



Windows Updateの厄介なアクティビティの1つは、ユーザーが更新プロセスを完了するためにシステムを再起動する必要があることです。適切に構成されていない場合、Windowsは、ユーザーに通知しなくても、独自のスケジュールされた時間に再起動します。

再起動後、Windows10がシステムの更新に時間がかかる場合があります。急いでいて、更新プログラムのインストールを待たずにシステムを再起動したい場合、Microsoftはオプションを提供していません。

この記事では、この問題の解決策について説明します。この記事に従うと、システムのシャットダウン/再起動時に保留中の更新のインストールをバイパスできるようになります。



更新してシャットダウン-再起動

電源アイコンをクリックすると、上記のスクリーンショットのようなものが表示されます。 Windowsでは、更新してシャットダウンするか、更新して再起動することができます。アップデートをインストールせずにシャットダウンまたは再起動するオプションはありません。 クイックサマリー 隠れる 1 グループポリシーを使用して再起動時の更新オプションを無効にする 2 コマンドラインを使用して、再起動/シャットダウンプロセスで更新をバイパスする

このシャットダウン/再起動プロセスをバイパスする簡単なトリックがあります。システムのシャットダウン/再起動時にWindowsUpdateのインストールプロセスをバイパスするには、以下の手順に従ってください。

グループポリシーを使用して再起動時の更新オプションを無効にする



このような状況では、グループポリシーエディター(gpedit.msc)が命の恩人になることがあります。 Windowsグループポリシーにはオプションがあります [Windowsのシャットダウン]ダイアログボックスに[更新のインストールとシャットダウン]オプションを表示しないでください 。このオプションを有効にすると、更新のインストールとシャットダウンのオプションが表示されなくなります。通常のシャットダウンのみのオプションが表示されます。

グループポリシーの更新とシャットダウンのオプションを無効にする

これは永続的なオプションです。これは、シャットダウンと更新、または再起動と更新のオプションが[シャットダウン]ダイアログボックスに表示されないことを意味します。更新プログラムをインストールしてコンピューターを再起動するには、[設定] –> [Windows Update]に移動し、更新プログラムのインストールを選択して、そこから再起動する必要があります。



オプションはここにあります:

コンピューターの構成–>管理用テンプレート–> Windowsコンポーネント–> WindowsUpdate。

コマンドラインを使用して、再起動/シャットダウンプロセスで更新をバイパスする



再起動/シャットダウンプロセスの更新を一時的にバイパスする場合は、コマンドラインを使用して行うことができます。

基本的に、PCを再起動またはシャットダウンする前に、WindowsUpdateサービスを停止する必要があります。私たちはこのようにします:

  1. 実行に移動–> ネットストップwuauserv
    これにより、WindowsUpdateサービスが停止します。
  2. 実行に移動–> シャットダウン-s-t 0

これにより、システムがすぐにシャットダウンされます。システムを再起動する場合は、次のコマンドを実行します。

実行に移動–> シャットダウン-r-t 0

または、次のように両方のコマンドを同時に実行できます。

net stop wuauserv && shutdown -r -t 0

このコマンドを使用すると、WindowsUpdateをインストールせずにシステムをシャットダウンまたは再起動できます。

それでもWindowsUpdateの構成に問題がある場合は、以下のコメントでお気軽にお問い合わせください。