新しいデジタル署名でリリースされたCCleaner 5.35

非常に成功したWindowsクリーニングソフトウェアCCleanerの開発会社であるPiriformは、アプリケーションのバージョン5.35を2017年9月20日にリリースしました。



新しいバージョンは、リリースの唯一の変更点である、真新しいデジタル署名で署名されました。

会社のインフラ 攻撃されました 最近、修正された署名済みバージョンのCCleanerが、公式の配布チャネルを使用してしばらくの間配布されました。

PiriformおよびPiriformの親会社であるAvastによって提供された情報によると、マルウェアはCCleanerプログラムにのみ含まれていました。同社は、マルウェアはそれ自体では拡散しなかったと述べています。たとえば、コンピューターシステム、デバイスが当時接続されていたコンピューターネットワーク、またはインターネット上で他のファイルに感染するなどです。



同社は、2017年9月12日にマルウェアを含まないバージョンのCCleanerバージョン5.34をリリースしました。システムにインストールされている場合、新しいバージョンは古いバージョンを上書きします。これにより、同社によれば、マルウェアは排除されます。

慎重なユーザーは、システムのソフトウェアをバージョン5.34に更新する前に作成されたシステムのバックアップを復元したい場合があります。

CCleanerの無料バージョンは自動更新をサポートしていません。つまり、無料バージョンのソフトウェアを実行しているユーザーは、ビルドを更新するために手動で最新バージョンをダウンロードする必要があります。



新しいCCleaner 5.35バージョンには、新しいデジタル署名が付属しています。これは、侵害されたバージョンのCCleanerでも使用されていた古いデジタル署名とともに出荷されたバージョン5.34とは異なります。

ccleaner 5.35 digital signature

新しいデジタル署名が次のように使用されていることを確認できます。

  1. CCleaner実行可能ファイルがあるフォルダーを開きます。
  2. ccleaner.exeまたはccleaner64.exeを右クリックし、コンテキストメニューからプロパティを選択します。
  3. デジタル署名タブに切り替えます。



タイムスタンプとして2017年9月20日、署名者としてPiriform Ltdが表示されます。

CCleanerユーザーは、PiriformのビルドページからポータブルバージョンまたはCCleaner 5.35のインストーラーをダウンロードできます。



piriform https issue

現在、接続は「安全でない」として表示されます。これは、HTTPSソースではなくHTTPソースから画像リソースが読み込まれることが原因です。

では、あなた :影響を受けましたか?これまでに何をしましたか?